探偵作家・雑誌・団体・賞名辞典-ま-


牧逸馬(まき・いつま)

本名長谷川海太郎。1900年(明33)、新潟県生まれ。父の長谷川淑夫は函館新聞社を経営。佐渡中学で教員をしていたこともあり、教え子に北一輝がいた。地味井平造は実弟。ほかに弟に長谷川濬、長谷川四郎がいる。函館中学校の下級に久生十蘭がいた。

牧逸馬名義で探偵小説や現代小説を書き、林不忘名義で「丹下左膳」などの時代小説を、谷譲次名義で「めりけん・じゃっぷ」ものを発表し、戦前大衆文壇の怪物といわれた。そのほかの筆名として、小牧甕、小牧順吉、頼一彦(?)がある。
1918年(大7)から1924年(大13)まで渡米し、オハイオ州のノウザン大学に在籍。
1924年(大13)、「函館新聞」の文芸記者だった久生十蘭の依頼により、田野郎、阿多羅緒児、迂名気迷子名義で原稿を執筆。
1924年(大13)、牧逸馬名義で「旬刊写真報知」に「藍より出でし青」を発表。
帰国後の1924年(大14)に松本泰が東京の東中野建設した「谷戸の文化村」を借り、地味井平造と住む。それをきっかけに「探偵文芸」に参加し、森下雨村と知り合い、その縁で、
1925年(大14)、谷譲次名義で「新青年」に「めりけん・じゃっぷ」の第一作「ヤング東郷」を発表。
1925年(大14)、「新青年」に発表された「上海された男」は探偵趣味の会の「創作探偵小説集 第一号(1925年版)」に収録される。
1925年(大14)、林不忘名義で「のの字の刀痕」を「探偵文芸」に掲載。
1926年(大15)、「新青年」に発表した「百日紅」は探偵趣味の会の「創作探偵小説集 第ニ号(1926年版)」に収録される。
1933年(昭8)から「一人三人全集」が刊行されるが、完結直後の1935年(昭10)、喘息による呼吸困難のため死去。

幻影城掲載誌:21/24/


マクドナルド,ジョン,D(John_D_Macdonald)

1916年(大5)、アメリカのペンシルヴァニア州シャロン生まれ。ハーバード大学卒。世界中で7,500万部を売り上げた「第一級のスリラー作家」。
1946年(昭21)、「乾いた監獄の殺人」を「タイム・ミステリ」に発表。
ジョン・マクドナルドやジョン・ロス・マクドナルド名義で作品を発表していたロス・マクドナルドに筆名が紛らわしいと抗議をおこない、1956年(昭31)からはロス・マクドナルドに統一させる。
1962年(昭37)、アメリカ探偵作家クラブの会長に就任。
1972年(昭47)、アメリカ探偵作家クラブ巨匠賞を受賞。
1977年(昭52)、「コンドミニアム」を発表。
1986年(昭61)、死去。


マクドナルド,ロス(John_Ross_Macdonald)

本名ケネス・ミラー。1915年(大4)、アメリカのカリフォルニア州ロス・ガトス生まれ。ミシガン大学院卒の哲学博士号を持つ。西オンタリオ大学に在学中にマーガレット・ミラーと結婚。
1944年(昭19)、本名名義で「暗いトンネル」を発表。
1946年(昭21)、「トラブルは我が影法師」を発表。
1946年(昭21)、「女を探せ」が「エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン」の第一回短編コンテストに四席入賞。
1949年(昭24)、「動く標的」を発表。
1951年(昭26)、「人の死に行く道」を発表。1954年(昭29)には中田耕治によってこの作品が初訳出される。
1953年(昭28)、「死体置場で会おう」を発表。
1954年(昭29)、「犠牲者は誰だ」を発表。
それまではジョン・マクドナルドやジョン・ロス・マクドナルド名義で作品を発表していたが、ジョン・D・マクドナルドから紛らわしいとの抗議を受け、1956年(昭31)の「兇悪の浜」からはロス・マクドナルドに統一。
1958年(昭33)、「運命の裁き」を発表。
1959年(昭34)、「ギャルトン事件」を発表。
1962年(昭37)、「縞模様の霊柩車」を発表。
1964年(昭39)、「さむけ」を発表し、イギリス推理作家協会シルヴァータガー賞を受賞。
1965年(昭40)に発表した「ドルの向こう側」で、イギリス推理作家協会ゴールドタガー賞を受賞。
1965年(昭40)、アメリカ探偵作家クラブの会長に就任。
1973年(昭48)、「眠れる美女」を発表。
1974年(昭49)、アメリカ探偵作家クラブ巨匠賞を受賞。
1983年(昭58)、死去。


マクベイン,エド(Ed_Mcbain)

本名サルバトーレ・A・ロンビーノだが、のちにエヴァン・ハンターに改名。1926年(大15)、ニューヨーク生まれ。別名エズラ・ハノン、ジョン・アボット。
海軍時代に短編小説を執筆。その後、高校教師を経て、出版代理店に入ったが、原稿を下読みするうちに、自分のほうがうまく書けると思うようになり、1952年(昭27)にサスペンス小説「The Evil Sleep!」を発表。
1954年(昭29)、エヴァン・ハンター名義で「暴力教室」を「レディズ・ホーム・ジャーナル」に発表し、大当たりをとる。
その後、カート・キャノン、ハント・コリンズ、リチャード・マティスンなどの5つの筆名を使い分けて、多彩なジャンルで作品を発表。
1956年(昭31)、エド・マクベイン名義で「87分署」シリーズ第一作「警官嫌い」を発表。
ニューヨークをモデルにした架空の都市アイソラを舞台に、警察の集団的捜査を描き、人気を博す。
1958年(昭33)、「殺意の楔」を発表。
1986年(昭61)、アメリカ探偵作家クラブ巨匠賞受賞。
1998年(平10)、イギリス推理作家協会ダイヤモンド・タガー賞受賞。
2005年(平17)、喉頭癌により死去。


正木不如丘(まさき・ふじょきゅう)

本名正木俊二。1887年(明20)、長野県生まれ。東京帝国大学医学科卒。成績優秀のために恩賜の銀時計を受ける。
福島の県立病院院長を経て、フランスのパスツール研究所への留学後、慶応大学医学部内科助教授となるが、長野県に結核療養所(サナトリウム)である富士見高原療養所に赴任。医学部内の対立から1929年(昭4)には辞して、療養所の所長に専念する。療養所は「高原のサナトリウム」として有名になる。富士見高原療養所赴任後の執筆活動による印税は療養所維持に充てていたという。
1922年(大11)、随筆「診療簿余白」を「東京朝日新聞」に発表。
1923年(大12)、小説「三十前」「木賊の秋」を刊行。
1924年(大13)、同人誌「脈」を創刊。
1925年(大14)、大衆文芸の振興を目的とした「二十一日会」同人となる。同人には中心となった白井喬司のほか、江戸川乱歩小酒井不木土師清二国枝史郎長谷川伸がいた。
「漆黒レッテル」は探偵趣味の会の「創作探偵小説集 第一号(1925年版)」に収録される。
1926年(大15)、探偵小説「赤いレッテル」を「新青年」に発表。
1933年(昭8)、横溝正史が結核のため、富士見高原療養所に入院。
1962年(昭37)、肝臓癌により死去。


松浦美壽一(まつうら・みすいち)

経歴不明。

幻影城掲載誌:26/


マッカレー,ジョンストン(Johnston_Mcculley)

1883年(明16)、アメリカ生まれ。
当初は新聞記者だったが、のちに小説家、劇作家。別名ハリントン・ストロング。
1908年(明41)、「失われた希望の大地」を発表。
1916年(大5)頃から「ディクティブ・ストーリー・マガジン」にて、地下鉄サムシリーズを発表。
1919年(大8)、「カピストラーノの疫病神」の題で、「快傑ゾロ」シリーズを発表。
1922年(大11)、「新青年」に掲載された「サムの魚釣り」(坂本義雄訳)がはじめての邦訳。
「新青年」ではビーストンについで邦訳が多く、掲載回数37回を数える。
1958年(昭33)、死去。

幻影城掲載誌:22/


松野一夫(まつの・かずお)

本名松野一男。1895年(明28)、小倉生まれ。
安田稔に絵を学び、1921年(大10)、帝展入選。
1921年(大10)から28年間、「新青年」の表紙絵を担当。竹中英太郎とならび、「新青年」の代表的な挿絵画家として活躍し、小栗虫太郎の「黒死館殺人事件」の挿絵が代表作。
1973年(昭48)、死去。

幻影城掲載誌:1/2/


松村善雄(まつむら・よしお)

1918年(大7)、東京生まれ。母は江戸川乱歩平井蒼太の従妹。東京外国語学校仏文科卒。
1948年(昭23)から三谷幸夫名義でヴォルテールなどを翻訳。
1958年(昭33)、都筑道夫と共同でシムノンの「霧の港」などを「探偵倶楽部」「宝石」に翻訳。
1961年(昭36)に花屋治名義で第7回江戸川乱歩賞候補となった「紙の爪痕」を、1962年(昭37)に刊行。
1985年(昭60)に発表した「怪盗対名探偵」が、1986年(昭61)に第39回日本推理作家協会賞評論その他部門を受賞。
1986年(昭61)、「謀殺のメッセージ」が「週刊文春」の86年「傑作ミステリーベスト10」の6位に選ばれる。
1992年(平4)、死去。

幻影城掲載誌:7/8/9/10/11/12/13/14/16/17/19/20/21/22/23/24/25/26/29/31/
53/54/


松本清張(まつもと・せいちょう)

1909年(明42)、福岡県北九州市小倉生まれ。文壇作家の探偵小説勉強会「影の会」会員。
1929年(昭4)、借用した左翼雑誌「戦旗」が元で小倉署の留置場に入れられる。
1951年(昭26)、国鉄、日本交通公社、全日本観光連盟共催の全国観光ポスター公募に、「天草へ」が推薦賞受賞。
1951年(昭26)、「週刊朝日」の「百万人の小説」募集に「西郷札」が三等入選し、「週刊朝日別冊」に掲載。当時は朝日新聞九州支社広告部に勤務していたため、同じ朝日新聞社員を一等入選させるわけにはいかないため、降格されたという。同作は同時に1951年(昭26)の第26回直木賞候補となる。
1952年(昭27)、木々高太郎に勧められ、「或る「小倉日記」伝」を「三田文学」に発表し、1953年(昭28)、第28回芥川賞を受賞。はじめは直木賞候補作だったのだが、芥川賞にまわされたもの。また、同時に日本文藝家協会の「創作代表選集 第11巻(昭和27年後期)」に収録される。
1953年(昭28)、「オール読物」に掲載された「啾啾吟」が第一回オール新人杯佳作第一席に入選。
1955年(昭30)に「別冊文藝春秋」に発表した「家康と山師」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和30年度」に収録される。
1955年(昭30)、初めての探偵小説「張りこみ」を「小説新潮」に発表。
1955年(昭30)、小倉から東京の練馬区へ移住。
1956年(昭31)に「オール読物」に発表した「ひとりの武将」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和31年度」に収録される。
1956年(昭31)、「小説新潮」に掲載された「顔」を中心に編まれた短編集により、1957年(昭32)、第十回日本探偵作家クラブ賞を受賞。同時に「顔」は日本探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1957年版」に収録される。
1956年(昭31)に「オール読物」に発表した「いびき」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和32年度」に収録される。
1957年(昭32)に「小説新潮」に発表した「地方紙を買う女」は日本探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1958年版」に収録される。
1958年(昭33)、「点と線」を「旅」に発表し、今まで一部愛好者のものだった探偵小説を解放した画期的な作品となった。日本探偵小説史上、屈指の名作。
1958年(昭33)に「小説新潮」に発表した「巻頭句の女」が日本探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1959年度版」に収録される。
1959年(昭34)に「文春」に発表した「上申書」は日本探偵作家クラブの「推理小説ベスト15 1960年版」に収録される。
1959年(昭34)、「文芸春秋」に掲載された「小説帝銀事件」は第16回文芸春秋読者賞を受賞。
1960年(昭35)、「黒い福音」を「週刊コウロン」に発表。この作品は「ヒッチコック・マガジン」の1961年(昭36)ベストで1位に選ばれている。
1961年(昭36)に「週刊朝日別冊」に発表した「水の中の顔」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和36年度」に収録される。
1961年(昭36)に「小説新潮」に発表した「偶数」は日本探偵作家クラブの「1961 推理小説ベスト20」に収録される。
1961年(昭36)、「ゼロの焦点」を「宝石」に発表。
1961年(昭36)に「婦人公論」に発表した「万葉翡翠」は日本探偵作家クラブの「1962 推理小説ベスト20」に収録される。
1962年(昭37)、「時間の習俗」を「旅」にて発表。この作品は「ヒッチコック・マガジン」の1962年ベストで3位に選ばれている。
1962年(昭37)に「小説中央公論」に発表した「閉銷」は日本推理作家協会の「推理小説ベスト24 1963年版」に収録される。
1962年(昭37)、日本文芸家協会理事就任。
1963年(昭38)に「小説新潮」に発表した「たづたづし」は日本推理作家協会の「推理小説ベスト24 1964年版」に収録される。
1963年(昭38)、「日本の黒い霧」(1960年(昭35)文芸春秋)、「深層海流」(1961年(昭36)文芸春秋)、「現代官僚論」(1965年(昭40)文芸春秋)により、第5回日本ジャーナリスト会議賞受賞。
1963年(昭38)、日本推理作家協会理事長に就任。
1964年(昭39)に「別冊文芸春秋」に発表した「脊梁」は日本推理作家協会の「推理小説ベスト24 1965年版」に収録される。
1965年(昭40)に「小説新潮」に発表した「六月の北海道」は日本推理作家協会の「推理小説ベスト24 1966年版」に収録される。
1965年(昭40)、「草の陰刻」を「読売新聞」に発表。
1966年(昭41)、「婦人公論」に掲載された「砂漠の塩」(1965年(昭40))により、第5回婦人公論読者賞を受賞。
1966年(昭41)、「新本格」を提唱する。
1966年(昭41)に「別冊宝石」に発表した「雨」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1967年版」に収録される。
1967年(昭42)に「小説新潮」に発表した「家紋―十二の紐<橙色の紐>」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1968年版」に収録される。
1967年(昭42)、「週刊文春」に掲載した「昭和史発掘」、「小説現代」に掲載した「花氷」(1966年(昭41))、「逃亡」などで、第一回吉川英治文学賞を受賞。
1968年(昭43)に「オール讀物」に発表した「山」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1969年版」に収録される。
1968(昭和43)、「Dの複合」を「宝石」に発表。
1969(昭和44)、「アムステルダム運河殺人事件」を「週刊朝日カラー別冊」に発表。
1969年(昭44)に「オール讀物」に発表した「新開地の事件」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1970年版」に収録される。
1970年(昭45)、「週刊文春」に連載した「昭和史発掘」(1964年(昭39)〜1971年(昭46))などで、第18回菊池寛賞受賞。
1970年(昭45)に「オール讀物」に発表した「奇妙な被告」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1971年版」に収録される。
1971年(昭46)、「小説現代」に掲載された「留守宅の事件」により、第三回小説現代ゴールデン読者賞を受賞。同時に日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1972年版」に収録される。
1971年(昭46)、日本推理作家協会会長に就任。
1972年(昭47)に「小説新潮」に発表した「理外の理」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1973年版」に収録される。
1973年(昭48)、「風の息」を「赤旗」に発表。
1973年(昭48)、「ベトナム古代文化視察団長」就任。
1973年(昭48)に「オール讀物」に発表した「駆ける男」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1974年版」に収録される。
1977年(昭52)、第29回NHK放送文化賞受賞。
1981年(昭56)に「週刊文春」に発表した「十万分の一の偶然」が「週刊文春」の81年「傑作ミステリーベスト10」の5位に選ばれる。
1987年(昭62)に「小説新潮」に発表した「紙碑」は日本文藝家協会の「現代の小説 1988」に収録される。
1989年(平1)、社会派推理小説の創始、現代史発掘などの作家活動により朝日賞受賞。
1992年(平4)、肝癌のため死去。

幻影城掲載誌:7/13/50/別冊幻影城掲載誌:3/作家が語る探偵小説観/日本長編推理小説ベスト99/


松本泰(まつもと・たい)

本名松本泰三。1887年(明20)、東京生まれ。慶応大学文学部卒。夫人である翻訳家の恵子とともに、田河水泡の仲人を務めた。イギリス留学前は「三田文学」同人。「新青年」を本拠地としない戦前には珍しい作家。
1911年(明44)、「三田文学」に「樹陰」を発表。
1921年(大10)、東京の東中野に文化住宅を十軒以上建設し、文士が入居、「谷戸の文化村」と呼ばれた。
1921年(大10)、探偵小説「濃霧」を「大阪毎日新聞夕刊」に掲載。ただし、探偵小説の処女作は「面白倶楽部」に発表した「彼の犯罪」であるという。
1922年(大11)、探偵小説「三つの指紋」「呪の家」を刊行。「三つの指紋」は探偵趣味の会の「創作探偵小説集 第一号(1925年版)」に収録される。
1923年(大12)、杢蓮社を興し、雑誌「秘密探偵雑誌」を刊行。
1925年(大14)、雑誌「探偵文芸」を刊行。城昌幸を生み出す。
1926年(大15)、「苦楽」に発表した「秘められたる挿話」は探偵趣味の会の「創作探偵小説集 第ニ号(1926年版)」に収録される。
翻訳も多数あり、1927年(昭2)、夫人の恵子の助力を得て、クリスティの長編のはじめての邦訳として「アクロイド殺害事件」の抄訳を「アクロイド殺し」として「苦楽」に掲載。
1939年(昭14)、リューマチのため死去。

幻影城掲載誌:21/36/


マリック,J・J(J_J_Marric)

本名ジョン・クリーシー。1908年(明41)、イギリスのサリー州生まれ。別名ジェレミー・ヨーク、ゴードン・アッシュ、マイクル・ハリディ、M・E・クック、ピーター・ハントン、カイル・ハント、ロバート・ケイン・フレイザー、パトリック・ギル、チャールズ・ホガーズ、ブライアン・ホープ、コリン・ヒューズ、エイベル・マン、リチャード・マーティン、ロドニー・マシスン、ノーマン・ディーン。他本名など、24の筆名で650冊の長編を執筆。
1932年(昭7)に「7×7」を発表して以来、精力的に活動をはじめ、1935年(昭10)から専業作家となる。
1937年(昭12)、アンソニー・モートン名義の「男爵を追え」がロンドンのハラップ社の懸賞募集に入選。
1953年(昭28)、イギリス推理作家協会を創設。
1955年(昭30)、「ギデオンの一日」を刊行し、モジュール型警察小説を創始する。
1956年(昭31)、「ギデオン警視の一週間」 を刊行。
1957年(昭32)、アメリカ探偵作家クラブに加入し、1966年(昭41)からはアメリカ探偵作家クラブの会長に就任。
1961年(昭36)に発表した「ギデオンと放火魔」で、1962年(昭37)にアメリカ探偵作家クラブ長編賞を受賞。
1969年(昭44)、アメリカ探偵作家クラブ巨匠賞を受賞。
1973年(昭48)、死去。


丸亭素人(まるてい・そじん)

本名神田速太。生年不詳だが、1864年(元治1)生まれだと思われる。東京日日新聞記者。
1889年(明22)、黒岩涙香が絵入自由新聞に訳していた「美人之獄」を連載17回から引き継ぐ。
1890年(明23)、ガボリオの「オルシヴァルの犯罪」を「殺害事件」と題して訳す。
1891年(明24)、ヒュームの「二輪馬車の秘密」を「鬼車」として訳す。
1910年(明43)、「新潟毎日新聞」編集長就任。
1913年(大2)、死去。


戻る進む